BIOFLOAT™

新BIOFLOAT™スフェロイド細胞培養用表面

バイオメディカル研究の多くの分野では、in-vitroモデルが不可欠です。最も一般的な形態は、2次元細胞培養です。その結果をin-vivo状態に当てはめようとする場合、矛盾が生じることはまれではありません。したがって、3次元細胞培養の目的は、このin-vitroin-vivo状況のギャップを埋めることです。

スフェロイドの培養は、シンプルで安価な3次元細胞培養の一種です。この場合、細胞は細胞と細胞、もしくは細胞とマトリックスの接触が顕著な3次元凝集細胞を形成しています。

新しいBIOFLOAT™細胞培養表面は、迅速かつ再現性のある完璧なスフェロイドの形成を可能にします。 

BIOFLOAT™表面は、高い低接着性がその特徴です。この特性により細胞は容器表面に接着することなく、スフェロイド形成が可能となります。つまりBIOFLOAT™は非吸着コーティングなのです。 

BIOFLOAT™表面を用いて培養されるスフェロイドは、とりわけ均一な球形を示します。加えて、正確に1ウェルあたり1個のスフェロイド形成を行えます。いずれの点も、ユーザー様に高い再現性のある結果をもたらすものです。したがってBIOFLOAT™は、ウェルごとに大きさが均一なスフェロイド細胞を試験することが特に重要である高スループット分析に適しています。

BIOFLOAT™コーティングの強固さは、日々の作業をはるかに容易にします。幾度もの洗浄ステップやピペット先端による機械的作用によっても、BIOFLOAT™細胞培養表面のパフォーマンスは悪影響を受けません。

BIOFLOAT™は癌や幹細胞の研究、医薬品研究の前臨床段階、毒性学研究など、多くの分野で活用されています。ここでは、スフェロイド培養は、前臨床細胞モデルの効率と信頼性を向上させます。

パンフレット

製品を見る