Tempus600接続モジュール

Tempus600接続モジュール

すべての自動化研究所装置へ接続

Tempus600接続モジュールは、先を見据えたソリューションです。これは、すでに研究所に設置されているか、その導入を予定しているバルクローダ、FIFO接続システム、ソートを含めた研究所自動システムに対応します。この接続モジュールには多くのメリットがあり、サンプル管の自動ワンタッチ操作システムも備わっています。作業プロセスが少なく、サンプル管に手で触れることもなく、総じて迅速かつ確実な処理が可能です。

大容量のサンプルの長距離にわたる輸送には、ブレーキモジュールを取付け、サンプル処理能力を向上させることができます。

特徴

  • 寸法:高さ x 幅 x 奥行 = 63 x 38 x 23 cm
  • 最大8接続
  • ブレーキモジュール

機能原理

確固たるポイントツーポイントシステムにより、サンプル管をわずか数秒で病棟から研究所へ発送します。

自動化モジュールに到達する前に、サンプル管はゆっくりと速度を落とします。ここから即座にバルクローダまたはソーターに移動します。最後に自動的に分析装置ラックなどに転送されます。