凍結保存

凍結保存

当社は、細胞物質およびそれらの構成要素を、-196°Cまでの温度で保存するための凍結保存に適した製品を提供いたします。透明性が高いCryoPureチューブは1.2mlから5mlまでの容量範囲をカバーしております。急速冷凍保存用のクリオボックスと、CryoPureチューブの組み合わせでご利用ください。

一部の製品についてはお取り扱いがない場合もございます。 

  • 1 - 10 製品中 46 種類
  • ページ当たりの製品数: 5 ǀ  10 ǀ  すべて

General

  • +

    窒素タンク内のCryoPureチューブは、液相と気相のどちらで保管したらよいですか?

    '-130℃以下では細胞内でそれ以上の生体反応が発生しないため、気相(< -130℃)で保管すれば、確実な低温保存をするのに十分です。したがって当社では、CryoPureチューブを、気相で保管するようお薦めします。製品に同梱されている、安全に関する情報をお読みください。 

  • +

    ザルスタットのCryoPureチューブは、どのような認証を受けていますか?

    滅菌

    DIN EN ISO 11137 – 『医療品の無菌化 – 放射線滅菌に関する検証と日常管理』に準拠

    Non-pyrogenic

    医療機器に関するFDAガイドラインによるLAL検査に基づき、検出限界

    < 0,06 EU/ml

    Non-cytotoxic

    DIN EN ISO 10993 - 『医療機器の生物学的評価 - 第5部 試験管内細胞毒性検査』に準拠

    Non-Mutagenic

    変異原物質非含有の評価に関する証拠は、エームス試験 IIに基づいて集められます。

    IVD適合性の確認

トップに戻る