miniPERM® バイオリアクター

miniPERM® バイオリアクター

miniPERM®は真核細胞の高密度培養のための取扱い容易なバイオリアクターです。培養モジュールと培地モジュールが別れて回転培養することで、少量でも非常に濃縮された細胞生成物が得られます。これはminiPERM®バイオリアクターが、既存のローラーボトルや発酵を使用するシステムと比較して、費用対効果および時間節約の面でも有効であると言えます。

一部の製品についてはお取り扱いがない場合もございます。

  • 1 - 10 製品中 15 種類
  • ページ当たりの製品数: 5 ǀ  10 ǀ  すべて

General

  • +

    miniPERM®バイオリアクターを使用する利点は何ですか?

    miniPERM®は、哺乳類細胞、昆虫細胞、植物細胞などの真核細胞を高密度で培養するため、バイオマスの生産や細胞生成物の生産用に開発された、取り扱い容易なバイオリアクターです。バイオリアクターの培養モジュールや培地モジュールへの細分化と、回転培養により、少量で高濃度の細胞生成物の生産が可能です。したがって、細胞株によっては、107細胞/mlを超える細胞密度や、数mg/mlの生成物濃度の達成が可能です。すなわちminiPERM®バイオリアクターは、従来型の組織ボトルやローラーボトルや発酵装置に対し、費用効率が良く時間節約型の代替品となり得ます。

  • +

    miniPERM®バイオリアクターには、どのようなサイズや種類がありますか?

    miniPERM®バイオリアクターの培養モジュールは、浮遊細胞用に35mlまたは50mlの容量でご利用いただけます。当社では、付着細胞用に静止型培養基付きの培養モジュールをご提供しております。 

  • +

    miniPERM®バイオリアクターはどのような組み合わせになっていますか?

    miniPERM®バイオリアクターは、透析膜により、培養モジュールと培地モジュールとに分けられています(2コンポーネントシステム)。透析膜の分離サイズは12.5kDaですので、細胞も細胞分泌生成物も培地モジュールに拡散することはありません。ただし、同時に透析膜を通して栄養物や細胞代謝産物の交換が起こります。

トップに戻る

Sarstedt miniPERM® - Der Bioreaktor zur Proteinproduktion

Sarstedt miniPERM® - The bioreactor for protein production