S-Monovetteの推奨遠心分離条件は?

S-Monovettesの遠心分離について

ザルスタットでは様々な用途に対応するため、特に強い遠心分離速度の観点から、これまでの推奨遠心分離条件を細心の注意を払って改訂して参りました。 無傷のゲル層、溶血、血漿中の細胞数、また7日間の3つの細胞感受性パラメータ(リン酸塩、グルコース、LDH)の安定性を評価基準とした。 S-Monovette® Citrate塩については、改訂版DIN 58905-1:2016-12に従って、評価基準として血小板数<10,000を選択した。

最適な遠心分離時間を簡単に設定できるだけでなく、さまざまな処理をしたサンプルの共通の遠心分離指数を最適に決定することができます。

遠心分離電卓













*φ8mm (S-Monovettes Pediatrics)の最大遠心力は ≤ 2,500 x g です。