S-Monovette® リチウムヘパリンゲル+

S-Monovette® リチウムヘパリンゲル+ – ターンアラウンドタイムの短縮において実証されたサンプルの品質

S-Monovette® リチウムヘパリンゲル++ の導入により、S-Monovette® リチウムヘパリンゲルとは最大50%少ない遠心分離時間で異なっているS-Monovette® を当社の採血システム部門の取扱製品に加えます。

利点

  • 遠心分離時間を最大50%短縮
  • より速い治療法の決定
  • 改善されたワークフローにおける最適化されたデバイス稼働率

遠心分離時間を半分にすることに依り、ターンアラウンドタイム(TAT)も相まって短縮されます。ターンアラウンドタイムとは、血液採取から結果が出るまでのサンプルの総合処理時間を指します。これは、とても速く実験結果に到達できることを意味し、治療法の決定に役立てることができます。特に救急診断においては、この短縮された時間が患者の救命に影響します。

グラフ:遠心分離条件(S-Monovette® リチウムヘパリンゲル および S-Monovette® リチウムヘパリンゲル+)

実証済みのポリアクリレートゲルのレオロジー特性を改善することにより、S-Monovette® リチウムヘパリンゲル+ の遠心分離時間を、フルサンプルクオリティで最大50%短縮し、ラボでのワークフローおよびデバイスの稼働率を最適化することができます。

S-Monovette® リチウムヘパリンゲル+ は、ロシュ社製のデバイスを使用した30人のドナーの比較試験でテストおよび検証されており、2.7 ml、4.0 mlおよび4.9 mlの容量があります。

当社の研究についての詳細情報は、パンフレットをご覧ください。当社のお問い合わせフォーム を通して研究をリクエストすることも可能です。

製品を見る

カタログ