S-Monovette®

S-Monovette®

S-Monovette® – 採血方法に革命をもたらした吸入法と真空法、2つの採血手法を組み合わせた画期的な採血システム。S-Monovette®は、様々な血管の条件にも対応でき、検体を最適な品質で保持し最良の結果が得られます。吸入法は、日常的に採血が行われる患者の負担を軽減する手法です。もちろん、S-Monovette®は「最新の」真空法もご使用いただけます。若い方から高齢者まで、あらゆる年齢層の患者の各々の状態に合せた手法が選べます。

一部の製品についてはお取り扱いがない場合もございます。

  • 1 - 10 製品中 167 種類
  • ページ当たりの製品数: 5 ǀ  10 ǀ  すべて
S-Monovettesに最適な遠心分離条件

S-Monovettesに最適な遠心分離条件

Blood collection systems for paediatrics

Blood collection systems for paediatrics

Veterinary Medicine

Veterinary Medicine

Blood Collection Systems

Blood Collection Systems

Ordering Information Blood Collection Systems

Ordering Information Blood Collection Systems

Safety Products

Safety Products


質問に対する回答が見つかりませんでしたか?ご連絡ください。

Pre-analytics

  • +

    影響要因にはどのようなものがありますか?

    患者が採血の10分以上前には安静に座っておくこと、静止時間、穿刺、採血順序、適切な充填(クエン酸塩、EDTA)、検体の混合、保管・輸送条件(温度など)、採血方法の選択(吸引か真空か)などがあります。

  • +

    溶血はなぜ特に重要なのですか?

    溶血の程度により、溶血検体は分析物特定の曲解や障害につながり、再度採血が必要となります。影響を受ける可能性のあるパラメーターの例としては、LDH、K、AST (GOT)、ALT (GPT)、トロポニン、ß-HCG、グルコース、CK、PT、aPTT、Dダイマーなどが挙げられます。

  • +

    溶血を防止するにはどうしたら良いですか?

    溶血反応を防止するために、最も注意すべき点は、激しい振動の防止、血液サンプル輸送時の激しい振動の防止、特に挿入したカテーテルから採血する際には吸引採血のみを実施、内腔の大きな針の使用などが挙げられます。

  • +

    採血時に血小板が活性化する可能性はありますか?その場合には、この影響をどうすれば減らせますか?

    採血方法に吸引を選択することで、より緩やかで静かな血流を実現出来ます。これにより、血小板に対する影響を可能な限り最小化することも可能です。

  • +

    遠心分離において、相対遠心力と回転数の間に差はありますか?

    相対遠心力(RCF)とは、回転数と遠心半径の間の比率です。これらの数値は、以下の数式を使って互いに算出できます。RCF = 1.118*10-6*r*n2。r = 遠心半径、n = 回転数(= 回転数/分)、g = 9.81 m/s2 (= 重力)、RCF = 相対遠心力。

  • +

    固定アングルローターとスウィングアウトローターによる遠心分離の違いは何ですか?

    固定アングルローター内の挿入物は、回転軸に対して一定の角度(多くは30°)にあり、遠心分離中はこの角度に留まります。これとは異なり、スウィングアウトローター内の挿入物は、遠心分離の開始時に、回転軸から垂直の位置に移動し、そこに留まります。これは、最適なゲル分離層を実現するための、唯一の方法です。

  • +

    静脈の状態が好ましくない場合には、どのような対応が必要ですか?

    吸引方法を使って採血を実施します。最適なのはSafety-Multifly®針とS-Monovette®を使って採血することです。

  • +

    患者の姿勢は重要ですか?

    はい。極めて重要です。採血は、患者が座位または横になった姿勢で行ってください。患者は採血前に、10分間座って休息し、身体活動を避けてください。

  • +

    採血時刻は結果にどのような影響を及ぼすのでしょうか?

    採血時刻は、検査値に影響を及ぼします。通常、午前7時から午前9時までの間に、食事前の患者(水の摂取は可)から採血してください。

  • +

    分析前に関する情報はどこで入手できますか?

    詳しい情報は、当社ウェブサイトのPublications 下のService セクションでご覧いただけます。

  • +

    溶血はどのように発生しますか?

    溶血は、赤血球の細胞膜への損傷により発生します。その後放出されるヘモグロビンの、放出量によって、さまざまなパラメーターの分析を阻害する恐れがあります。

  • +

    クエン酸塩S-Monovette®は、なぜ最大容量まで充填する必要があるのですか?

    充填不足により、表示されたクエン酸塩と血液の比率が不正確になり、正しくない結果が生じる恐れがあります。

トップに戻る

General

  • +

    S-Monovette®には、なぜスクリューキャップが付いているのですか?

    スクリューキャップによりチューブを静かに開けることが可能で、ストッパーを使用する際に発生するエアゾール効果を最小限に抑えることができます。

  • +

    添加物を使用しないS-Monovette®はありますか?

    はい。ニュートラルS-Monovette®には添加物が含まれていません。
    各種タイプを取り揃えております。

  • +

    S-Monovette®は、航空貨物を使用したサンプルの輸送に関するIATA規則に準拠していますか?

    はい。S-Monovette®はIATA 規則の要件を満たしており、差圧0.95kPaでも液体が漏れることはありません。

  • +

    採血前のS-Monovetteはどのような条件で保管したら良いでしょうか?

    室温での保管をお薦めします。

  • +

    S-Monovette®はどのような材料で製造されていますか?

    S-Monovette®はプラスチックのみで製造されており壊れにくく輸送に向いています。S-Monovette®はポリプロピレン(PP)製のチューブ、ポリエチレン(PE)と天然ゴム製のメンブレンスクリューキャップとポリエチレン(PE)製のプランジャーで構成されています。

  • +

    S-Monovette®はどのように包装されていますか?

    50本入りがスタンダードパッキングです。ゴミも少なく簡単に処理することが可能です。

  • +

    スクリューキャップのメンブレンの材質は?またキャップ部分より低くなっている理由は?

    メンブレンは天然ゴム製で、穿刺部位に直接接触しない様、スクリューキャップ内の低位置に埋め込まれています。このため、コンタミリスクが低減され、ユーザはS-Monovette®を安全に使用することが出来ます。

  • +

    使用期限はありますか?ある場合の表示場所は?

    劣化プロセスから生じるあらゆる影響を排除し、高い検体品質を一貫して確保するためには、使用期限の設定が必要です。使用期限は年月で示され、製品と包装の両方に表示されます。

  • +

    S-Monovette®はどのような認定を受けていますか?

    S-Monovette®は体外診断ツールに分類され、CEマークが付与されています。全体的な品質管理システムは、EN ISO 13485に基づく認証を受けています。

  • +

    静脈採血用に特に低量の採血チューブはありますか?

    はい。調製剤により1.1ml~1.4mlの量で使用可能な幼児用のS-Monovette®があります。

  • +

    S-Sedivette®にはどの血沈ピペットが適していますか?

    "S-Monovette®の寿命は充填容量に影響を与えません。 S-Monovette®は、100%の呼び容量を常に確保できるように設計されています。"

  • +

    S-Sedivette®にはどの血沈ピペットが適していますか?

    S-Sedivette®を使用したESR判定には、血沈ピペットは不要です。採血、輸送、および測定は、同梱の採血チューブS-Sedivette®で安全に実施可能です。

  • +

    S-Monovette®の使用年数は公称容量に影響を与えますか?

    S-Monovette®の使用年数は充填容量に影響を与えません。
    また100%の公称容量を常に確保できるように設計されています。

トップに戻る

Citratе

  • +

    S-Monovette® Citrateに充填するべき、最小血液量について教えてください。

    充填不足による不正確な測定を防止するため、正確な充填量すなわち正確な混合率が推奨されます。

  • +

    S-Monovette® Citrateはどのように調製していますか?

    "S-Monovette® Citrateは、呼び容量の10%を構成するクエン酸三ナトリウム 溶液で調製しています。これにより、凝固診断に必要な比率(クエン酸塩1対血液9)が得られます。"

  • +

    S-Monovette® Citrateにはどのような遠心分離が推奨されますか?

    S-Monovette® Citrateには、室温で10分間1800 x gの遠心分離が推奨されます。

  • +

    採血の完了後、S-Monovette® Citrateを混合する必要がありますか?

    S-Monovette® Citrateは、採血の完了後、8~10回慎重に逆さにする必要があります。

  • +

    Safety-Multifly®針を使用して採血する場合の注意点は?

    "Safety-Multifly®針を使用して採血する場合、血液が チューブ中に残り(デッドボリュームと呼ばれます)、最初のS-Monovette®内の血液容量が減少します。最初または全体としてS-Monovette® Citrateを1本だけ使用する場合には、充填不足を防止するため、空のチューブを使用した先行採血の実施をお薦めします。"

  • +

    S-Monovette® Citrateの保存期間はどの程度ですか?

    S-Monovette® Citrateの保存期間は15カ月です。

トップに戻る

EDTA

  • +

    EDTA Gel S-Monovetteでウイルス診断を測定できますか?

     EDTA Gel S-Monovette®は、EDTA S-Monovette®に比べて極めて復元率が高いことが、研究により明らかになっています。

  • +

    EDTA K3とは何の略ですか?

    EDTA K3は、エチレンジアミン四酢酸三カリウムの略です。 EDTA K3はカルシウムと結合し、凝固を防止します。血液サンプルは液体のまま残ります。

  • +

    S-Monovette® EDTAはどのように調製していますか?

    S-Monovette® EDTAはK3 EDTAで調製しています。

  • +

    S-Monovette® EDTAの保存期間はどの程度ですか?

    S-Monovette® EDTAの保存期間は18カ月です。

  • +

    抗凝固剤起因性の偽性血小板低下症患者には、どの製品が推奨されますか?

    これらの患者には、S-Monovette® ThromboExactをお薦めします。

  • +

    S-Monovette® EDTAは混合する必要がありますか?

    血液中の製剤の分布を最適化するためには、 S-Monovette® EDTAを慎重に逆さにする必要があります。

トップに戻る

Glucose

  • +

    S-Monovette® Glucoseは混合する必要がありますか?

    血液中の製剤の分布を最適化するためには、 S-Monovette® Glucoseを慎重に逆さにする必要があります。

  • +

    S-Monovette® Glucoseの保存期間はどの程度ですか?

    S-Monovette® Glucoseの保存期間は12カ月です。

  • +

    S-Monovette® Glucoseはどのように調製していますか?

    S-Monovette® Glucoseは、フッ化物とEDTAで調製しています。

  • +

    S-Monovette® GlucoEXACTはどのように調製していますか?

    S-Monovette® GlucoEXACTは、クエン酸塩とフッ化物で調製しています。 

  • +

    S-Monovette® GlucoseとS-Monovette® GlucoEXACTの違いは何ですか?

    これら二種のS-Monovette®は調製面で異なり、その結果として解糖阻害の開始が異なります。S-Monovette® GlucoEXACT内に血液を充填すると、採血直後に解糖阻害が発生します。それに対し、NaFのみで調製されるS-Monovette®では、阻害は約2時間後に始まります。

トップに戻る

Special

  • +

    oGTTにはどのS-Monovette®を推奨しますか?

    S-Monovette® GlucoEXACTをお薦めします。

  • +

    重金属の特定にはどのS-Monovette®を推奨しますか?

    重金属の特定には、S-Monovette® Metal Analysis(Art.No.:01.1604.400)と、Safety-Needle for Metal Analysis(Art.No.:85.1162.600)の併用をお薦めします。通常のS-Monovette® SerumとS-Monovette® Heparinは、重金属の特定用には製造されていません。

  • +

    S-Monovette® ThromboExactを使用して、抗凝固剤(EDTA、クエン酸塩、またはヘパリン)起因性の偽性血小板低下症を判定出来ますか?

    はい。S-Monovette® ThromboExactは、抗凝固剤起因性の偽性血小板低下症用に特別に開発されました。EDTA 血液中の血小板数が低い場合には、S-Monovette® ThromboExactを使用して、血小板数が低いのが間違った結果で、患者が抗凝固剤起因性の偽性血小板低下症に掛かっているのか、血小板数が実際に低いのかを判断することが出来ます。

  • +

    S-Monovette® CTADを、日常的な凝固診断に使用出来ますか?

    S-Monovette® CTADを使用して、以下の日常的凝固パラメーターを測定することができます:aPTT、PTT Quick)、フィブリノーゲン、トロンビン時間、AT3、およびプロテインC。その他すべてのパラメーターについては、個々の試験を実施する必要があります。

  • +

    血小板機能診断には、どのS-Monovette®がお薦めですか?

    ここでは、ロシュ(旧Verum Diagnostica)がMultiplate
    機器用に開発したS-Monovette® Hirudinと、シーメンスがPFA100/PFA200機器用に設計したS-Monovette® PFA100をお薦めします。両機種共、特別な血小板機能診断に使用出来ます。

  • +

    ホモシステインの判定には、どのS-Monovette®がお薦めですか?

    採血後、最大96時間までHCY濃度を安定させる、S-Monovette® Homocysteine HCY-Z-Gelをお薦めします。

トップに戻る

Serum/Plasma

  • +

    ゲル製剤はいつ使用したらいいのですか?

    ゲル製剤は、凝血と血清の間、血液細胞と血漿の間に、輸送と保管のために安定した障壁物が必要な場合に使用します。ゲルの厚さは、ゲルが遠心分離時に凝血と血清の間、または血液細胞と血漿の間に分離層を形成し、輸送と保管のための安定した保護材の役割を果たします。

  • +

    S-Monovette® Serum/Serum Gelは、採血後、遠心分離をするまでにはどのぐらいの時間を置いたら良いですか?

    最適な血清品質を確保するため、S-Monovette® Serum/Serum Gelを、遠心分離前に30分以上直立させて保管することをお薦めします。

  • +

    ゲルで調製したS-Monovette®は、再遠心分離することができますか?

    ひとたびゲル障壁が形成された後は、ゲル分離層の障壁効果を保証できないため、それ以上の遠心分離はお薦めしません。

  • +

    S-Monovette® Serumには凝血活性剤は使われていますか?

    S-Monovette® Serum/Serum Gelは、採血後、遠心分離をするまでにはどのぐらいの時間を置いたら良いですか?

  • +

    ゲルの材料は?

    S-Monovette®中のゲルはポリアクリル酸エステルから製造されており、それがその厚みにより、遠心分離時に安定した分離層を形成します。

  • +

    ゲル入りのS-Monovette®を遠心分離する際に、考慮に入れるべき点は何ですか?

    分離層を均一に形成するためには、スウィングアウトローター付きの遠心分離機をお使い頂く必要があります。遠心分離に必要な条件は室温でS-Monovette®Serum-Gelは2500xGで10分間、S-Monovette®Plasma-Gelは2500xGで15分間です。

  • +

    S-Monovette® SerumとS-Monovette® Plasmaは、なぜプラスチックグラニュールを含有しているのですか?

    プラスチックグラニュールは必要な前処理が施され、血液と製剤の間の混合プロセスを補完します。

  • +

    S-Monovette® SerumやS-Monovette® Plasmaを使って、重金属を特定できますか?

    重金属の特定には、S-Monovette® Metal Analysis(製品番号01.1604.400) と、Safety-S-Monovette® Needle for Metal Analysis(製品番号85.1162.600)の併用をお薦めします。S-Monovette® SerumとS-Monovette® Heparinは、重金属の特定用には評価されていません。

  • +

    S-Monovette® Serumの保存期間はどの程度ですか?

    S-Monovette® Serumの保存期間は36カ月です。

  • +

    S-Monovette® Lithium-Heparinの保存期間はどの程度ですか?

    S-Monovette® Lithium-Heparinの保存期間は36カ月です。

トップに戻る

S-Monovette®

S-Monovette®

Blood Collection with the S-Monovette®

Blood Collection with the S-Monovette®